あきらめない


あっという間に2月も半ばになっていました。 つい先日、中学受験が始まったと思ったら

 

もう学校に受験が済んだ子供達も戻って来たようです。 受験が終わって、鬼は外も終わって、

 

そろそろインフルエンザも下火になってきました。 さてさて、世間様はどうあれ、空手の稽古

 

だけは、雨が降っても、風が吹いても、いつもと変わらぬ稽古が淡々と行われていました。

「鬼は外」と言っても、実際に鬼を退治するのは大変で、何度も何度も同じ失敗を繰り返し、

 

そのたびに決意を新たにします。しかし、自分はいつも失敗や過ちを繰り返すからと言って、

 

決意や決心をやめてしまったら成るものもなりません。

 

子供達の場合も同じではないでしょうか。 子供達が何度も失敗しても懲りることなく、

 

親や家族、そしてまわりの人達の励ましで、気を持ち直し、またやってみる。 そうすると

 

上手く行く時がたまにある訳で、要はあきらめないで繰り返し続けて行くことが大事なのでしょう。 

 

あっという間に過ぎてしまった節分には、そんなことを思いながら子供達の頭を撫でてました。

 

「頭、よくなれ、心、強くなれ、そして風邪に負けない強い身体になれ。」  

 

桜が咲くまであともう少し。 さあ、また頑張ろう! 


コメントをどうぞ