新石川のシェルター


平成30年も残すところあと1ヶ月。今年を振り返るとなんと自然災害の多い年であった

 

事でしょう。今後も南海トラフ地震や元禄型関東震災なども起こり得ると言われています。

 

空手クラブの子供達とそのご家族の将来のために防災意識を高めて行きたいと思います。

 

そんなことを思いながら今日も神社や体育館、道場などで、いつもと変わらない稽古を

 

行いました。この子達をどうやって守れるだろうか?  ご縁を頂いた空手クラブの子供達の

将来の為に今、何が出来るだろうか?  大袈裟ではなくいつもそんなことを考えながら指導を

 

行ってます。だからどんなに人数が増えても一人一人の子供達の名前は忘れる事はありません。

あざみ野に近い新石川本部はエアコン、シャワー、テレビ、wi-ti、毛布、エアーベッドもある。

 

何より地下1階だから広いシェルターに早変わり。 真夏の蒸し暑い日に凍てつく真冬を想って

 

創った本部スタジオを、いつの日か多くの人達の為に役立てたいと思っています。

 

来年の5月1日に新たな年号になっても浮かれないよう足元を固めて行かねば。 


コメントをどうぞ