丁寧に生きる


何事も、最初だと思えば「謙虚」になり、最後だと思えば、いとおしさが湧いてきて「丁寧」になります。

 

挨拶、掃除、字を書く時、お風呂に入って身体を洗う時、それぞれ日常の些細な出来事を丁寧に

 

やってみると、かけがえのなさを感じます。冷ややっこを前にして 「お前さんはどこの畑で取れた

 

大豆から出来たんだい?」 と思えるようになったり、ペットボトルの水にも、あそこの山の水なんだね

 

思えるようになります。 人生そのものを丁寧に生るには、自分の人生がやり直しが効かない一度きり

 

のものだと意識することが第一歩だと感じます。 

 

やれ、お金がない、忙しすぎて時間がない、やることがない。 そんな、ないものねだりの人生を

 

送るのも一つ、そして丁寧に生きてみるのも一つ。 今日のたった今まで、ため息とあくびの毎日の

 

中に居たとしても、たった今から、丁寧に廻りを観てみる。 まずはそこから何かが生まれてくる気が

 

します。 この空手クラブの子供達には、いつも稽古の最後にいろんな話をします。 先週は 何で

 

姿勢を正しくしないとならないかについて、小学生でも、幼稚園の子供でも分かるように噛み砕いて

 

話をしました。 実は、これが私に取って丁寧に、時間を使うことになっているのです。

 

空手の稽古が終わったら、はい終わり。 ではなく、汗を流したあとに、実は大事な話があるんだよと

 

毎回、話続けて居ます。 

 

あわただしく過ぎていく今日一日、どれほど丁寧に生きられただろうか?

 

果たして、親から受け継いだこの身体、どれほど丁寧に使えただろうか?

 

また明日から、子供達の純粋な眼差しに向かって、どんな話を聞かせてあげようか?

 

「ていねい」 って、意外と難しい。


コメントをどうぞ