自閉症


すすき野小学校を何とか無事に卒業出来たことがただ有難く感じられたのは、もう7年も前のことです。すすき野


中学校では野球部に入り球拾いの毎日でしたが途中で辞めることなく3年間をつつがなく過ごさせてもらいました。


生まれてからの2年間は泣き喚いて、奇声を発するだけで言葉をしゃべりませんでした。漸く言葉を口にしだしたのは


3歳を過ぎてからのことです。保育園でも先生とのコミュニケーションが取れず好き勝手に動き回ってしまう始末。


ちょうど、そのころ同じ保育園にマサキ君という同じような症状の子供がいました。どういう訳か皆についていけない


二人は波長が合い、マサキ君とうちの次男はいつも一緒にいるようになったのです。よだれを垂らしたままのマサキ君と


、いつも自分の世界にこもっている次男は見た目で、変わった子供であることは判別できました。マサキ君のご両親も


いろいろ悩まれていたと思います。お父さんは当時有名な野球選手。伸びのある速球を投げる方でしたがヒジの怪我で


長期間入院され、その後復帰した試合でヒジをプレートに付けて何かを祈っていた姿が印象的でした。現在のマサキ君


は確か桜美林大学に進まれたと聞いてます。もちろん野球をしながら。 うちの次男は普通のクラスでは無理だろうと


あきらめてはいたものの、何とかすすき野小学校、すすき野中学校を卒業させて頂き、日大桜ヶ丘高校に進みました。


言葉をしゃべるのが遅かったため、小学校低学年の時には他の子供より2-3年は知能が遅れていたと思います。


いろんな機関に検査や受け入れ施設の相談に行きましたが結局は自分達が普通の小学校に入れて、普通に育てる


んだと決めて、一つ一つをその子供のレベルに合わせて成長の過程を作り上げてきた結果が、今なのだと思うのです。


出来るだけ脳に刺激を与えること、そのために出来るだけ運動をさせたこと、空手もその一つでした。柔軟運動をさせ、


汗をかかせ、皆と一緒の行動に馴染ませること。これは自閉症の子供にはきっといい刺激になると思い空手の稽古を


続けました。もちろん家での勉強も毎日行い、一緒に復習をしたことなど、今から思えば気の遠くなる地道な作業でした。


もちろん塾に入れることも考えましたが、到底、塾に通えるレベルではなく、相手にしてもらえないということは親が一番


分かってました。そうなればあとは腹を据えてどん底から這い上がるしかないと踏ん切りをつけるだけのことでした。


いつも藁をもすがる思いで成長を見守ってきた気がします。そんな次男の野球は9番ライトが定位置。試合に出して


もらえるだけでも有難かったと思います。その子が地道な苦労を重ねた結果、運よく日大桜ヶ丘高校に入学することが


出来て、そこで始めた陸上は、経験者ではなかった為、最初から同級生の背中を見て走る毎日でした。本人は何度も、


もう辞める、もう辞めると言っては明日だけーーー。と言いいながら何とか春夏秋冬を超え、1年をどうにかやり過ごす


ことが出来ました。その頃も軽い自閉症の感覚は残ってましたが毎日の努力と適度な運動の効果は、次第に明らかに


なってくるのが分かりました。長距離を走る息子の低位置は常に最後尾でしたが、2年生の秋を迎えるころには、多くの


生徒が疲労骨折や足首の怪我などで悪戦苦闘し出した為、いつしか本人は皆の真ん中を走るまでになっていました。


それから半年が経った3年生の春には同校の長距離で息子の前を走る生徒は誰もいなくなっていました。高校に入って


から始めた長距離走は、わずか2年半で終わってしまった為か、本人は、そのまま大学の陸上部の寮に入り、朝5:25に


起きて早朝練習、夕方も練習という毎日に身を置く道を選択していました。いつも皆の会話について行けず、置いてきぼりが


低位置であった子供が今では普通の大学2年生になっています。まだまだ箱根駅伝に出れるレベルではありませんが、


それを目指して雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も努力し続ける姿勢があれば、いずれ花は咲くような気がします。息子の


過去を振り返ってみると、そう思えてならないのです。


コメントをどうぞ