訳アリ物件


花粉症の薬を久しぶりに飲んだものだから昨晩は眠くて食事前に寝てしまい起きたら24時。ぼーっとした頭で


テレビを観ながら食事をしました。 初めて観た番組でした。「言いにくいことをハッキリ言うテレビ」とかいう


もので”不動産は気をつけろ”と言ってました。 それでも頭はまだ寝たままでした。 断片的な言葉と映像


が浮かんでは消えていました。


何やら大島てるという方が日本全国の事故物件をホームページ上にアップしてるらしい。


その言葉だけは覚えていました。 今朝、検索してみてビックリ。 凄いデータ量です。


いまだ、安い不動産に巡り合ったことはないのですが、実際に出くわした時に、果たして借りるだろうか?


先月、長男が池袋で一人住まい。 不動産物件をすぐに決めたので早速調べてみました。 


大島てるさんのホームページは本当に細かく観れて凄い。 場所によっては写真までアップしてます。 


長男は「何も気にしないから大丈夫」とか言ってました。 O型人間らしい、無頓着な言葉。


そうだ自分も大阪に単身で行くというときに、自分でインターネットで場所だけ見て、それでいいかと安易に


決めて会社にここでお願いしますと言った記憶があります。「現場を見なくていいんですか?」と聞かれ


ましたが「全然、大丈夫」 とか言ってました。 親子、まったく同じです。


さあ、この事故物件。何で気をつけないといけないのだろう。 何か不都合があるのだろうか?


私も気にしない方です。 ビジネスホテルに泊まるときに何度か、気持ち悪い部屋だなと思うことはあった


けど、いつも睡魔が優先されて起きると朝です。 恐いと感じません。魂があるとしてもそれは同じ人間の魂。


たまに動物のものもあるかもしれないけど、それがどんな悪さをするのか感じることが出来ません。


同類だと自分で思っているからかなぁ。 みんな同じではないかといつも心の底にあります。 いつか自分も


死ぬだろうし、死んだら、化けて出て来た奴を探し出してとっちめてやるからな。なんて思ってるレベルなので


そういう事故物件で悪さをすると目されている魂には相手にされないのかもしれない。 


横浜青葉区の青葉台やすすき野のあたりはどうかなと観てみました。 燃えてる表示はあったけど


意外と少ないです。 でも何でこれで安心なんだろう? 


京都など歴史のある場所では昔から戦いがあったり、河原町の三条から四条、五条の川べりでは


処刑された人の生首が並べられた場所。 そこが400年も経つと夜は若者カップルが1m間隔で座って


デートする場所に早変わり。 京都にはそんな場所がたくさんあります。


実は人間の脳が左右してるのではなかろうかと思うことがあります。 たとえば恐いという自分の気持ちが


自分の腕を鳥肌にさせたり頭を痛くさせる。 すべては自分の気持ちから脳がいろんな信号を出して結果的に


自分自身の恐怖心を煽っている。 心霊の事象とは意外にそんなものではなかろうかと思うのです。 


宇宙の膨張が4次元でなされる中では、心霊現象というものも論理的に見つめないといけない。


上海では3次元で創る家が発表されました。 3Dプリンターとは3D造形する事で費用を抑えるもの。


通常、これは試作で使うものなのに上海では6mの造型機を創ってしまい、家自体を、その装置で創って


通常の1/10の値段で住宅販売をするらしい。 いかにも中国人らしい発想だし、それで実際に創ってしまう


のは日本ではありえないこと。


世の中は動いています。 新しものが生まれ新しい発想が世の中を変えています。 


そんなことを考えている頭の人や、そういう新しいことに興味があってのめり込んでしまう子供のような頭で


いる人にとって、気の淀みがどうだとか、霊がいるとか、人が亡くなった場所だからとか、そのような類の


ことは無頓着にやり過ごしてしまうもの。 


ですからそんな訳で、昨晩テレビで観た事故物件なるものは私にとって安価な掘り出し物としか映らないのです。


コメントをどうぞ