元素周期表


世界の全ては元素で出来ていると新聞に書いてました。 118個の元素で動物や植物や家、ビル、そして空気、水も。


全ての世界が元素で出来ています。 軽いのにロケットまで飛ばす水素は 陽子の数が一番すくないから原子番号は


1番。 空気よりも軽いヘリウムは陽子と電子が2個なので原子番号は2番。 常温でも液体である金属は80番の水銀。


2010年に発見されたばかりのウンウンセプチウムは117番。 最後はウンウンオクチウム。 人間は60億人もいるけど


身体を創っている材料は黒人も白人もみんな同じ。でも人は十人十色。考え方が違うから。育った環境が違うから。 


みんな違う。 そしてみんな十色の人生を歩みます。いい大学に行こうとする人。手に職をつけようとする人。


土とともに生きる人。 どんな道でも構いません。ただ人間は動物と違って、迷い、悩み、泣いて、苦しむ心の動物。 


大事なのは、心の姿勢を正しくして前を向いて活きて行く力。 壁にぶつかっても、それを乗り越えていく力。


一工夫する考える力。 思い悩んだら太陽のように活きたらいい。 そして考える力を子供のころから身に付けて


おけば、どこで何をしようが活きていける。 そんな気がします。  大きな人生の波に揺られながら、その波に


逆らわず、生きていくこと。 


自分自身では選べない天道があって、脇道にそれても、必ず自分の道に戻ってくるような、そんな自分に与えられた道


を見つけられたとしたら、そしてまた、その道をお天道様を仰ぎながら歩んでいけたとしたらどんなに幸せでしょう。 


神経を働かせてくれるNa、神経と筋肉に欠かせないK、そして骨の成分のCa。 身体の中にあるCu、舌にはZn、


血液をつくるFe、皮膚に含まれるS。 元素周期表を見ていると人の違いは、やはり、その人の考え方と心の姿勢


だけなんだとつくづく思いました。


コメントをどうぞ