医学部 その10


過去10年間の医師国家試験の合格者数と合格率を整理した資料にお目にかかることはありません。多くは合格率のみ。


この合格率が曲者。 各大学医学部では合格率を上げるために国家試験受験者数を絞っている実態があるからです。


見せかけをよくしていても実際に医学部の学生が医者にならなければ意味がありません。その為に過去10年の合格


者数を見てみると以下のようになります。 ベスト30に東大は入っていません。入試では最難関なのに。

1  昭和        1,107名

2  日大        1,080名

3  東京医科     1,059名

4  北里        1,037名

5  藤田保健     1,027名

6  九州        1,023名

7  東京慈恵会    1,018名

8  東海        1,016名

8  三重        1,016名

10 久留米       1,012名

10 千葉        1,012名

12 東北        1,010名

13 名古屋       1,002名

14 自治医大       998名

15 獨協         997名

16 筑波         996名

16 京大         996名

16 札幌医科      996名

19 阪大         995名

19 滋賀医科      995名

21 愛知医科      994名

21 北大         994名

23 東京女子      993名

24 金沢医科      992名

24 弘前         992名

24 浜松医科      992名

24 宮崎         992名

28 福井         990名

29 神戸         988名

29 熊本         988名                            


以上がベスト30ですが、残りの50校を含めた資料をここに開示することはしません。 ご要望があればつたない


資料ではありますが個別に開示しようと思います。 全国80大学の国家試験合格者数と合格率の一覧表を


見ると一目瞭然。 そこに大学入試の難易度と6年間の授業料一覧を比較するとどこの大学にご子息を入れたら


いいのかははっきりします。 全国80の大学の中で「大学入試の難易度が比較的低く」、また「学費が安く」、


なおかつ一番大事なのことは 「国家試験に受かり安い」 大学はどこなのか? を書いた本がないのです。


医学部入試から国家試験までを網羅し、80大学の良し悪しを押しなべて比較した資料がないので自分で創った


のです。 その中には「入ることを薦められない大学医学部リスト」もあります。 小学生の時から医学部への道


を志すならば、約8年くらいは辛抱しなければなりません。 浪人をすると10年はざらです。 そこまでに要した


学費は回収したいのが親の本音。 子供の行く末を安泰にして、しかも投資の回収は出来るようにしたいものです。


コメントをどうぞ