鱗滝左近次


1日を通して私たちは驚くほど多くの選択を重ねながら生きている。

 

朝からお茶にするか、コーヒーにするか、電車に乗る車両を階段の

 

近くにするか、先頭車両でいつもと違った風景に身を置いてみるか。

 

しかし多くは、いつも通りの飲み物を飲んで、いつもと同じ時間に家を

 

出て、同じ車両の同じ場所で吊り革をつかんでスマホを観ている。

 

1日は24時間しかないのに私は自分の習慣の中にずっと生きていた。

 

あ〜、今日もいつのまにか終わったなあ。

 

今日一日何をやったろう?

 

そんな日を私は何日もやり過ごして来てしまった。

 

でもせっかく生きているなら、一流を目指してみたい。

 

自分に出来るかどうか分からないけど、習慣を変えてみようか?

 

そう思ったのは28歳の頃だった。

 

自分自身の明日の為に。

 

明日をカッコよく生きる為に、変えてみよう。

 

それから34年。

 

あっという間の事だった。

 

今日、福井県で開催されたオープントーナメント不死鳥杯に三年生が

 

1人参加し、3位入賞を果たした。来年の全極真全日本チャンピオンシップ

 

への出場権を獲得。6時間半の長旅だったけどよく頑張った。

去年の5月から、この三年生は習慣を変えた。

 

明日の為に、そして明日をカッコよく生きる為に、習慣を変えた。

 

竈門炭次郎がいる限り、鬼殺隊に入ろうと思っている子供達がいる限り

 

私は鱗滝左近次で居てあげようと思っている。


コメントをどうぞ

CAPTCHA