運も実力のうち


緊張感が漂う会場に集まる選手たちの眼は真剣だろう。

 

真剣な眼差しはカッコいい。

 

ただ試合には運がないと勝てない。

 

多くの出場者の中で10月3日は誰に運が舞い降りるだろう。

 

私はそんな事を思いながら、ここ2週間、選手たちを眺めて来た。

 

緊張感から足がすくみ、心ここにあらず。手が僅かに震え口が渇く。

 

順番通りに名前が呼ばれコートの真ん中に立つ。もう逃げられない。

 

審判5人は高段者。10個の眼は誤魔化せない。ただ1人、凛とした

 

空気の中で道着の擦れる音を頼りに型をやり終えねばならない。

 

足の裏が妙に汗ばんでマットを掴みきれない。指先まで整えるなんて

 

出来るもんじゃない。血管は蒼く弱々しい。呼吸は平静を装ってるのが

 

バレバレだ。もうダメだ。震える指先で硝子細工なんて創れっこない。

 

こんな思いの中で一人一人が練り上げた型をうつ。それが型の全国大会だ。

 

征遠鎮を打ってみる。

 

真剣な1分50秒。

 

世界で一番長い1分50秒。

 

そんな1分50秒に年輪を刻もうとしている君。

 

一瞬に賭け、チャレンジする君に強運が舞い降りないはずはない。


コメントをどうぞ

CAPTCHA