変化に適応する


今年の新型コロナウィルスの拡散は誰も予測が出来なかった事で

 

お店がいつの間にか閉店していたり、企業の在宅勤務が3ヶ月も

 

続いたりするなんて誰も想像すら出来なかったと思います。 

 

そんな中、6月から空手クラブと格闘技エクササイズ、ヨガレッスン

 

は再開し、たくさんの元気な顔に出会えた事は嬉しい限りです。

 

さて、このコロナ禍で生き残るのは、最も強い人達ではなく、

 

最も知的な人達でもなく、最もお金もちでもないように思えます。

 

生き残るのは、間違いなくこの変化に順応し、適応した人達と

 

その匂いを嗅ぎつけて、その人の行動を真似る人だ。

 

将来何が起こるか分からないのが人生。

 

前を向いて、自分の頭で考えて、一歩一歩着実に歩んで行く力が

 

問われる時代になった。 バスや電車がほぼ満員の日々が続いて

 

いるのにソーシャルディスタンスが大事だと言う学者もいる。

 

勉強ばっかりしていると、この有様だ。生き残って行ける人と

 

言うのはそんな人ではない。環境に順応し、生きる感を持って

 

いる人であって、運がいい人だと思う。 

 

7月5日の都知事選に当選される方もその一人。

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA