厄落し


4年前の審査会の終わりに、ずいぶん偉そうな事を私は言ってました。

 

「自分はいつも思っている。 出来るなら、楽しいことばかり起こって

 

お金に苦労せず、病気もせず、事故にも遭わない、そんな人生であって

 

欲しいと。でもそれが叶う可能性はどう贔屓目に見ても低いんだな。

 

なら、苦労して、涙して、汗をかいて生きるだろうと腹をくくって

 

生きて行けば、ちっぽけなラッキーでもその日1日が明るくなるかも

 

知れない。空手の稽古は怖いし、痛いし、苦労の連続だ。伸びない筋

 

を伸ばし、硬直化する関節を無理に柔らかくしようとするんだから

 

辛い事のオンパレード。決して楽しいものじゃない。でもそれが空手

 

の稽古だ。人生には楽しい事も辛い事も同じだけ訪れてくる。絶好調の

 

日々の後には、必ずどん底の毎日が訪れた。ならば辛い事を先取りして

 

みようか。それが空手の辛さであってもいいじゃないか。そう思って

 

生きて来たら、なんだかいい事が目について来た。空手は自分にとって

 

まるで厄落しなんだ」と。

 

4年経った今、考えている事は何も代わってません。

 

コロナの事も、仕事の失敗も、全て正面から受け止めて悩んでみる。

 

それがいいんだ。それが生きるコツってものなんだな。


コメントをどうぞ

CAPTCHA