1月12日は年始合同稽古だった。長津田、すすき野、新石川、桜台など

 

日頃、別々のクラスのメンバーが集まるのはサマーキャンプ以来の事。

 

当初、連休の真ん中なので参加者は少ないと思ってたけど、蓋を開けたら

 

60名の参加で広い桜台道場も人の多さで息苦しく、熱気ムンムンの稽古だった。

今まで日本は景気のいい年もあったし、悪い年もあった。 不幸な災害の年も

 

感動の年も、いろんな年があった。 その年によって多少の違いはあれど思う事は

 

全く変わっていない。 私は自分の夢を信じてる。 そして空手クラブの子供達の

 

夢も信じている。この世にオギャーと生まれた瞬間から、何にでもなれるし、

 

どんな人にもなれる。私はそう信じている。子供達の想いはいずれ叶うだろう。 

 

そう信じなければ、つまらない一生になる。あきらめた瞬間から本当の幸福は

 

遠のいていくものだ。だから叶うと信じるのさ。

 

今年がどんな年になるかはわからない。

 

しかし、たとえどんな年になっても夢は叶うと信じて疑わない。


コメントをどうぞ

CAPTCHA