懐かしい顔


最近、試合モードの人達が増えて来たように思います。 何故だろう?  

 

「試合がすべてではないので、それよりも、毎日必ず勉強する習慣をつけなさい」

 

と言ってきたのに、試合モードの人達が増えて来た事が不思議です。

 

とは言え、自分自身もそんな親御さん達の試合に対する熱心さに背中を押されてる

 

んだなあ。確かに子供と一緒に泣いて、笑って、ドキドキ、ハラハラしてる人達は元気だ。

 

明るく元気にまさるものはなし。

 

でも「今日30分勉強しようか」は、これからも必ず言うからね。

先日の新極真木元道場様主催の全関東大会で、「先生、お久しぶりです。」と

 

突然、声をかけられた。「覚えてますか、ウチノです。中1になりました」 

 

6年ほど前だろうか、小1のころに出会っていた顔が思い出された。咄嗟のことで

 

頭の中の記憶をたぐるので精一杯だった。「今日、試合に出るのかい、頑張れよ」

 

もっと気の利いた言葉をかけてあげれば良かったと悔やまれる。この子の顔が

 

以前にも増して素直な顔で利発そうに見えた。そんな懐かしい子に会えて何だか

 

嬉しかった。素直に育つ環境が、きっとその子の周りにあるんだろう。

 

いい1日をその子から受け取った気がしました。 ありがとう。

 

2週間ほど経って改めて、素直に育つ事の大切さを思い起こしてます。


コメントをどうぞ

CAPTCHA