松井派世界大会


大山総裁が他界されて25年が経ち、初めて松井派の世界大会を見させて頂き

 

ました。 日本の上田選手と星選手が勝ち上がる予感。。

 

子供も有料なので新極真に比べ子供達の姿が少なく、華やかさに欠ける

 

と思いましたが、しかしニュージーランド、オーストラリア、ブラジル、中東、

 

そしてインド、スリランカ、中国、モンゴル、ロシアまで、参加国は多く外人が

 

新極真に出てる外人よりも大きい。昔の極真世界大会は確かにこんな感じだったな。

 

ブラジルのイカロ・ナシメントは210cm  145kg、ニュージーランドの

 

ルーカス・マクキノンは188cm  145kg  など190cm 100kg超えは

 

ざらで、やけにデカい。昔の極真はそんな大きな外人でも下がらず小さな日本人が

 

勝ち上がって行った。久しぶりに極真の醍醐味に触れました。

 

ブラジルのイカロは1日目を勝ち残った。 2日目が楽しみです。

 

うちの空手クラブの子供達にも可能性がある。そう信じている。

 

土曜の夕方の稽古指導に戻らねば。そして日曜日は朝から夕方まで雨の中を

 

移動して子供達の頑張りを引き出してあげよう。 

 

休んでる暇などないし休みたくもない。 


コメントをどうぞ

CAPTCHA