愛情


子育てはほんとうに難しい。

 

御母さん方は育児、子育てをしながら、そしてお父さん方は仕事に追われ、毎月、

 

少し背伸びをした貯金を続けている。子供が幼稚園に入る頃には知り合いが家を

 

買ったことが気になって、やがて無理をしてでもマイホームを購入してしまう。

 

好きでもない仕事も、このローンが足かせになって、辞めるに辞められなくなり

 

苦労を背負うことになる。そんなおり、ふと振り返ると子供が思い通りに育って

 

いないことに気づいてしまう。子供は泣き叫び、親はなだめすかすので精一杯。

 

そして子供に同情して、やがて甘やかすようになる。何事も都合のいいように現実を

 

曲げて観るようになったらおしまいだ。 我が子にいろんなことを教えるよりも

 

同情する方が楽でいいに決まってる。 そして小学校入学を迎え6年間同情されること

 

しか知らない1年生が生まれてしまう。その子は友達に馴染めずに孤独な毎日を過ご

 

すようになり、やがて不登校。ゲームに浸る毎日を過ごす。両親はお互いの責任を

 

なじりあい次第に不仲になっていく。 同情、甘やかし、そして溺愛は子供の為ならず。

だから私はいつもこう伝えている。

 

うつむいてはいけない。いつも頭をあげて前をみて生きなさい。世の中を真正面

 

から見つめなさい。自分で、私はこんな人間だと思ってしまえばそれだけの人間に

 

なってしまう。だから気をつけなさい。 いつもそんな思いを抱きながら空手を

 

教えている。そして一人一人の目を診ながら、その子のちょっとした成長も

 

見逃すまいと僅かな事にまで気をもんで診ている。厳しく接した子供には決まって

 

「よく泣きもせず頑張ったな」と褒めてあげる。子供達は褒められると目が活き活き

 

としてくる。 私はその瞬間に出くわすために回り道を楽しむようにしている。


コメントをどうぞ

CAPTCHA