暗示


涼しい山道も結構だけれども、やっぱり山道には汗が欲しいような

 

気もする。時には耐えきれないような坂道を登ることがあっても

 

いいような気もする。 夏がいつもの暑い夏であって欲しいように。

 

入道雲と太陽の下で、ぬぐえどもぬぐえども汗が流れ落ちてくる。

 

どうにもこうにもしようがない暑さの夏であっても、それでも

 

やっぱり夏は夏であって欲しい。

 

そしてどんなに暑い夏が来ようともきっと乗り越えられると私は

 

信じている。 そうやって自分に言い聞かせて、暗示をかけるのだ。

 

自分は運が強いなあと感じたとする。そんな出来事にまた出くわして

 

みると、それが確信に近くなる。それがまた起こるとついには信念と

 

なる。そうなれば自分は運が強いから必ず上手くいくはずだと思う

 

ようになってくる。そう思っていると不思議に上手く行きだすから不思議だ。

 

暗示は時に有効だと思う。日本という恵まれた国にいて、好きなことを

 

やっているのに、甘えるな。この程度であきらめるのか! と自分に暗示

 

をかけるのだ。 私は息子にも暗示をかけてきた。そして医者になった。

 

今、空手クラブの子供達にも暗示をかけている。

 

「君達は偉大だ。きっと出来る。」


コメントをどうぞ

CAPTCHA