七夕に願いを込めて


6月、7月と、新たに空手を始める子供達、そして一緒に稽古をされる

 

ご父兄が増えて大変有難く思っています。ただそれに伴い道着、サポーター

 

の用意が間に合わず、またこのブログも雑務の中で先送りになってしまって

 

おりました。

 

そんな中、今日は東京都空手道大会に子供が2名参加するというので

 

日曜の指導を他の黒帯に代わってもらい引率して参りました。

 

今日、参加した1人はいきなり初戦で強豪と対戦し惜敗。その相手が結局、

 

優勝しました。もう1人は決勝まで残ったもののこれまた惜敗で準優勝。

 

10月に行われる全国大会への出場権は獲得。

 

稽古で泣きながら頑張ったご褒美を神様が七夕に用意してくれていました。

聞けば、この子、全国大会ではなく、世界大会と宇宙大会に参加するという。

 

宇宙大会っていう発想が私を超えている。どうやってと、また聞けば、

 

孫悟空の力を借りるという。何ともその発想もいい。大人のカチコチな発想

 

など通用しない。私の常識はもう昔の常識のようだ。この子達は負けると

 

一応、悔し涙を流したものの、ほんの3分もすれば走り回ってケラケラ笑ってる。

 

これがいい。世間では「なんもしない人」に頼むことが流行りだした。そもそも

 

それをやりだした森本さんという方の発想がいいし、自分を分かっている人だと

 

感じた。どこにラッキーが転がっているか誰にも分からないけれども、運を引き

 

寄せる人とは、なんもしない森本さんや、このあっけらかんとしたこの子ら

 

のように思える。七夕に願いを込めて書いた言葉も素直で汚れてないのがいい。

 

世の中、こういう感覚で生きて行くことが大事なんだなあ。

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA