医学部女子比率


久しぶりに西川史子さんがいいことを言った。

 

東京医科大学が女子の比率を3割前後に抑えていると一部で騒がれている事に

 

対して、それは当然のことと言ってのけた。女性の場合、どうしても結婚、出産

 

育児が伴うために、医師になっても救命救急や、外科の現場は男性が中心にならざる

 

を得ない。逆に眼科や皮膚科、耳鼻咽喉科、麻酔科などは比較的に自分の時間の中で

 

医療に従事できる為に女性医師の割合が多くなっている。そのため医学部受験で女性の

 

割合を一定レベルに抑える傾向はどこの大学にもある。もし女性で医学部を目指すなら

 

東京女子医大、富山大、埼玉医大がいい。それに引き換え東大の女子比率は16%、

 

慶応は24%しかない。いずれにしても30年前は10%ほどしかなかった女性の比率。

 

今、東京医科大学で騒がれていることは女性蔑視でも、差別でも何でもない。

 

その大学の出題傾向を分析し点数を取ればいいだけのこと。入試問題研究に目を向けず

 

差別だ、何だとまくし立てる風潮は賛同できるものではない。

 

この空手クラブに医学部を目指す子供も何人かいる。 そんな子供達には中高一貫校の

 

選択からアドバイスしている。世間の下世話な風潮に左右されず入試問題の研究あるのみ!


コメントをどうぞ