JALの副操縦士が機長と警官に暴力をふるい逮捕されたという。


42歳の副操縦士、巽創一。


仕事と人生に不満があったのだろう。


鬱憤は誰にでもある。


ただガス抜きを知っている人とそうでない人がいるだけだ。


とは言え機長と警官を殴ってしまうとは。


これも稲盛氏の教えの結果だろうか?


数字の回復だけに目を向けてしまうと、ほころびは必ず出てきてしまう。


この巽氏、42歳とすると、子供は小学生くらいだろうか。


奥さんも会社の業績が回復をして、この先は安泰だと思っていたろうに。


一杯の酒に興じて人生を変えてしまった人がまた1人。


チャンスは泡と消えてしまったのだ。


「頑張れば必ずチャンスはある」とは子供達に言って聞かせる言葉。


大人には「頭を冷やせ」と言うしかない。


そしてこう付け加えねば。


「本気で生きろ」


「真剣に生きてみろ」


「42歳、これからが本当の人生だ」


「五体満足、日本国籍があって、日本語が話せるんだろう?」


「なら、食うには困らない。」


「下を向くな。」


「今日が全ての始まりだ。」


まあ今回のJAL騒動、株主総会の後で何より。


加えて地上の内輪もめで何より。


コメントをどうぞ