熊本


空手クラブの子供たちに聞いてみた。


「君たちは何才まで生きるの?」


「、、、、、」


誰もピンときていない様子だ。


それはそうだろう。 今までそんな質問はされなかっただろうし


考えてもいなかったに違いない。


男性だと80歳、女性だと86歳。 これが今の日本の平均寿命だ。


男性の場合、80年のうちに余暇に25年、睡眠に24年、食事に10年も当てることになる。


しかし長い人生で仕事に当てる時間は延べで9年。学校で勉強するのは延べ5年ほどだ。


朝9時から夕方18時迄を22歳から60歳まで働いたとしても、延べで9年間たらずなのだ。


お風呂には延べで約3年、トイレにが延べ1.5年は入っている。


人間にはその人固有の砂時計が体内にあって、砂の量も固有だ。


元気な人でも砂が尽きるまでの命と決まっている。


産まれ落ちた時に授かった砂時計を恨んでみてもしようがない。


砂は着実に時を計り、最後の一粒が落ちる迄時を刻んでいる。


そして砂が尽きたら土に還るだけのこと。


ただ、呆気ない別れには言葉もない。


この4日ほどの熊本の尊い命には言葉が見つからない。


しかしいつまでもうつむいているのはよそう。


今、この砂の一粒一粒を大切に生きねば。


頑張って人の為に生きても一粒。


ぐうたら自分の為に生きても一粒。


同じ一粒か、ならば人の為に生きてみようか?


何の為の80年だったのかと悔やむ前に


動けなくなってベッドの上で横たわる前に


人の為に、人の笑顔の為に生きてみようか?


コメントをどうぞ