たった1点差


昨日は長男の大学で医学部の卒業式が行われた。


その後、場所を目白の椿山荘に移して謝恩会が披かれた。

Effectplus_20160326_224954Effectplus_20160326_225159KIMG2223KIMG2225Effectplus_20160326_223843Effectplus_20160326_223738

参加していたご父兄の内約7割は医者だ。


医者の奥様達の半数は和服で極めていた。


やはり日本人の女性には和服に勝るものはない。


この大学の現役111人が医師国家試験を受けたが結果は110名が合格。


1名だけ国試浪人となった。


国試は2月6日から一般問題、臨床実地問題、必須問題に分かれ3日間にわたって行われた。


その結果、その学生は必須問題で1点だけ足らなかったという。


それで今年1年を国試浪人として送ることになる。


たった1点。 されど1点だ。


一人だけ落ちたその学生も卒業式と謝恩会に出ていた。


辛かっただろう。


57歳にもなると1年の違いなんて、左程大きなものではない。


しかし25歳では人生と神様を恨むかもしれない。


たかが1点。 それが重い。


彼よりも成績の悪い人がその試験に受かっていたから尚更だ。


喜んで謝恩会ではしゃぐ若者達は彼に拍手を送っていた。


10年後、20年後、いや30年後、この学生はどういう人生を送っているだろう。


来年、彼が医者の扉を開けて一歩踏み出したとしたら、人の痛みを知った医者になるのは間違いない。


多くの弱い立場の人を助けてくれる医者になるかもしれない。


神様は、幸運を与える時には遠回りをさせるものだ。


今日、空手クラブの何人かの子供達に伝えたことがある。


「世の中、すべてこの1点差で決まる。」


「運よく滑り込んだ人生がいいとは限らない。」


「人生はマラソンだ。」


「挫折から何かを学ぶ人であるのか、挫折から人生を恨む人であるのか。」


「神様は可能性のある人には試練を与える」


子供達には難しい話だったはずだ。


多くは、何を言っているか分からなかっただろう。


でも、それでいい。


ただ真面目に何かを伝えようとしている大人がここにはいるのだ。


コメントをどうぞ