二千日回峰


比叡山の山中を7年(1000日)かけて地球を1周する4万キロを踏破する荒行が千日回峰行。


700日目にはお堂に入り断食、断水、不眠、不臥を9日間行い不動真言を10万回唱える。 この間


体重は15キロほど減ってしまう。介添え役や一緒に読経をする僧侶が20人とお堂に入る。 その後


6年目からは比叡山の山中の回峰に加え京都の赤山禅院への往復が加わり1日60キロの行程を


100日、7年目は200日を巡る。その100日の前半は京都大回りで毎日84キロ、後半の100日は


元通りの山中で30キロをめぐり満行となる、すさまじい荒行のことを言います。 ここまで来るのも


大変なことですが、実はそれまでに「十二年籠山」を達成しなければなりません。 標高800メートル


の比叡山で12年間下山せずに生活するという行。 その十二年籠山を達成した僧侶が願い出ると


比叡山幹部会議が執り行われて千日回峰可否を決めるようです。 織田信長公が比叡山を焼き討ち


してから400年で満行者は47名。 その行を2回終えた方は3名しかおられません。


その内のお一人、酒井雄哉大阿闍梨様が昨日2013年9月23日午後に亡くなられました。


47歳で千日回峰を始められたのが73年のこと。私がテレビでその様子を見たのは79年1月。


ちょうど21歳のころでした。 日本にこんなことをされる人がいることに衝撃を受けたのです。


極真空手との出会いの前後です。 ただただ凄いという思いでした。 こんな方に出会えることは


この先も、ないだろうともぼんやり感じていました。54歳で満行。そしてそのまま2回目の千日回峰へ。


そして60歳で2回目も満行されたのは1980年のことでした。


私のストイックなトレーニングは、間違いなく酒井雄哉大阿闍梨の後ろ姿を観てのこと。


昨日は、私自身一日外に居て、「寒い、寒い」と思っていました。 来るべき時が来たという思いと


大変残念な思いが入り混じった複雑な気持ちです。 


9月23日は、二千日回峰を成し遂げられた方が旅立たれた日として忘れられない日となりました。


コメントをどうぞ