玉手箱


子供達はいつの間にか大人の背を超えていた。

 

はじめはみんな白帯、そしてオレンジ帯、、、

 

それが今では黒帯になっていて、大人の人達もスパーリングでは

 

歯が立たなくなっている。この子達、7年前は年中さんと1年生

 

だったのに今は3人とも中学生になって、みんな背が高く170cmを

 

越えている。マスターズの試合に出ている大人も気を抜けない存在だ。

私の息子達に空手を習わせていたのは25年前。小学校に通ってからだった。

 

その子達も今は大学を卒業し1人は28歳で羽田空港国際線に従事、もう1人は

 

31歳で循環器系内科医。来年4月に大学院に戻って医学博士号をとるらしい。

 

医者になったんだからそれで十分じゃないか? と言っても「医学博士号」が

 

欲しいらしい。これから大学院研究の道で4年、そのあと系列の病院でお礼奉公

 

を3年こなすようだ。なんと長い道のりかと思ってみても自分で決めた道なら、

 

やり通すだろう。今までもそうだったから。

2人とも9月が誕生日なので久しぶりに家族で食事に行った。

 

思えば会社員として、そして空手の師範として子供達を育てるのに

 

精いっぱいだった。子供達が産まれた時、幼稚園の頃、小学生、

 

中学生、高校生、大学といろんな思い出が詰まった玉手箱を空けたら

 

家内は60歳、私は61歳のじいちゃんになっていた。

 

玉手箱の蓋の裏に自分で書いた文字があった。

 

きっと、その頃の自分と将来に不安を抱えている自分に宛てた言葉だ。

 

「明日のことまで思い悩むな」

 

そうだった。

 

自分はそうやっていろんな峠を乗り越えてきたんだ。


コメントをどうぞ

CAPTCHA