公立中高一貫校を目指す


先日、中学受験をした生徒が挨拶に来てくれた。県立相模原中に受かったという。


素晴らしい。中高一貫狙いの受験というと、私立しかないと理解している人が多い。


しかし、公立の中高一貫校は狙い目だし、そこから医学部受験という道は親としては


ありがたい。 もちろん公立なので高校生まで授業料は0円。 その他、教科書代金


制服、修学旅行費用なども入れた中学、高校6年間の費用は1,213千円。 月で計算すると


17千円ほど。 それに引き換え私立で6年間過ごしたとすると5,054千円。約4倍の費用


がかかってしまう。 ざっと見て月に70千円。


公立の中高一貫校に入ってくれたら親はどれほど肩の荷が下りるだろう。


何故なら、実際にお金が掛かってくるのは、その先の大学生になってから。


ならば、小学生のうちに公立中高一貫校について調べておくべきだ。


たまプラーザ、あざみ野、青葉台からの通学を考えると、市立南高付属中か


県立相模原中、市立川崎高付属中、市立横浜サイエンスフロンティア中だろう。


但し、調査書提出がある。これは国語、社会、算数、理科、音楽、図工、家庭、体育の


学習の記録だ。 つまり偏った勉強ではなく、全てに真面目に取り組まねばならないのだ。


破格に費用が安く、しかも医学部を狙える、この公立中高一貫に合格したことは大変な


親孝行な事。また来年もこの関門を突破してくれる生徒が出て来てくれるだろう。


空手と受験は両立出来るという事を、これからも実証してみようと思う。


コメントをどうぞ