あの子も、この子も


卒業式が終わり、元気いっぱいの一年生が加わる心弾む季節になった。


街に若葉が溢れるように、子供達の元気な声はどことなく春めいている。


卒業式の貴重な別れの経験を重ねて人は成長して行く。


そして新しい出会いにワクワクし、戸惑いながら人は成長して行く。


子供心に「4月になったら」と期待し、あれも、これもやってみたいと


密かに、小さな挑戦をしてみようと思っていただろう。 新しい自分に


掛けてみたくなる季節。 この子供達が無理なく新たな可能性の扉を


開く事が出来るように、この空手クラブも取り組んでみたいと思っている。


年長さん達が一年生になり、六年生が一年生になるこの季節。


ワクワク、ドキドキのそれぞれの夢の実現を応援したい。


この子供達が生まれた時、親御さん達は涙が出るほどの感動を味わった事


でしょう。その子が歩いたと言えば喜んで、何かを喋ったと言えば目を細める。


そんな毎日を子供達はくれました。どんなに貧乏しても、どんなに仕事で嫌な事


があっても、生きる元気をくれたのは、この子供達。


テストの点が悪くても、学校でイタズラばかりが目立っても、この事は忘れまい。


どんなにひどい目に出あうとも、あの子も、この子もみんなに元気をくれる為に


産まれて来た子なのだと思い知る。


コメントをどうぞ