組手交流会


昨日は浜井会長、KWF日本代表の田中師範、ビクトリーカラテスクール代表の山本師範


列席のもと組手交流会が文京大学附属高校体育館で開催されました。浜井派東京、埼玉、

IMG_1016

神奈川、KWF日本、極真館、極真拳武會、真樹道場、白蓮会館、正道会館、武心塾等


合わせて15団体様から一般部、壮年部の方々が集まりpm14:00-16:00の約2時間


スパーリングをさせていただきました。中でも極真拳武會の藤井選手、KWFの宮原選手


の動きは素晴らしいものがありました。


元々、この場を設定された折に、私の50人組手をさせて頂く話があったのですが


2週間前にギックリ腰になったため、その予定は変更させて頂きました。それでも、


まあ何とかかんとかスパーリングを皆様とできました事は大変有意義な時間でした。


その後の飲み会。 K先生の城東支部 中村金四郎先輩とのスパーリングの話は笑えました。


当時は「参りました」を10回言っても金四郎先輩はスパーリングをやめてくれなかった


との事。思えばそうだった。昔の極真は多かれ少なかれ、そんなスパーリングだった。


39年前、極真芦原道場にいた頃の中山猛夫先輩もそんな感じだったっけ。


当時は茶帯だったのに黒帯締めて出場した全日本で準優勝。その後の正道会館の大会でも


別格の強さでした。中山先輩は私の3〜4年上だったので今は63か64歳歳くらいかな。


さて、今はどうされてるのでしょうか。 どこかでお会い出来ればといつも思っています。


コメントをどうぞ