方程式


たとえ天涯孤独の人生を歩んでいたとしても1人で生きている訳ではない。


温泉のお湯のごとく、静かに入ったとしても少なからず波は立ってしまう。


そうして何らかの形で多くの人達と関わりつつ、この社会の恩恵を受けながら


生きている。 その有り難さを心に刻み、少しでもこの世の恩に報いるべく自らの


出来る事を精一杯行うところに生きる意義と価値がある。


落語家が同じ演目を喋っても、お腹を抱えるほど面白い人と、クスッとも笑えない人が


いる。有名な演目でもつまらない人がやると棒読みに聞こえてしまう。


面白い人は何を語らせてもあっという間に時が経ってしまう。


人としての魅力というか、人間味というかとにかく何かが違う。


私はそれがやはり人の力だと思う。 まさに成功する為の方程式を得た人なのだ。


毎日、精一杯生きて、砂漠に深い井戸を掘ろうではないか?


井戸を掘る為の道具と根気さえあれば何とかなるものだ。


しかし、この方程式。 知ってるだけでは役に立たない。


「昨日のあなたはその方程式を使いこなせただろうか?」


「今日のあなたは、今の自分を信じているだろうか?」


「明日のあなたは自分に自信を持って、絶対に出来ると思っているだろうか?」


その方程式はそれを信じる人の為にある。


コメントをどうぞ