極真長野大会、栃木大会


先週の長野大会に続いて、今日は栃木大会が行われました。 神奈川県支部では近くに


ある清武会と坂本派の大会をメインに捉えていたので長野も栃木も1名のみの参加でした。


しかし、長野では男子大学2年生が3位入賞し、本日の栃木大会では女子一般部で優勝

1511678556546DSC_3609

させて頂き、あらためて、このような機会を創って頂いた長野の中川師範、栃木の大塚師範に


感謝申し上げるとともにお二方の空手に対する熱意に頭が下がる思いがしました。


また浜井美香代表と北川師範、根本師範、小野師範は多くの試合に自ら足を運び選手並びに

DSC_3586DSC_3587

先生方との交流を大切にされている。 空手を通じ多くの人達に感動のチャンスを与えておられる


ことが素晴らしい。 これは子供達ばかりではなく大人の方も、子育て中のママ達にも

DSC_3596

同じように感動を与えている。 そこがいい。


浜井派はそれぞれの支部が独立して、それぞれが個性的な運営をしている。 そこが面白いのだ。


今日は大きな満月。 今年一番大きい満月の日。何だかいい気持。 次の満月は1月2日らしい。


2018年で一番大きな満月は1月2日に出会えるらしい。 それは月と地球が一番接近している日。


潮が満ちて出産が多い日。 それまで頑張ってきたことが解き放たれ成就する日。


人間の身体の約7割は水分で出来ているから、この月の接近は潮の満ち引きと同じ状態になる。


今日の栃木大会で多くの人達の純粋な喜びと、こみ上げてくる涙に出くわしてみると、この感動を


導き出すにはあえて満月の日を選ぶことは意外と大事なことはなのかもしれないと思うのです。


コメントをどうぞ