運命


まさかこんな人生になるとは思ってもいなかった。


今の境遇は自分が自分で選んだ結果のようでもあり、人の出会いと偶然の積み重ねで


出来上がったようでもある。しかしよくよく考えてみるとどっちに転んでもこうなるように


なっていたようでもある。 この先、どんな人生になるのやら皆目分からず、良い事も


悪い事も、過酷な現実に出くわす事もあろう。


でもそれは、こうなるようになっていたのであれば、すべてを受け入れるしかない。


それが運命に対する対処法と心得、それに従いつつも、自分なりに精一杯のことを


続けるしかない。 たとえ困難に陥り、不本意な状況に身を置いたとしても、ヤケになって


自ら不幸を招くようなことだけは避けたい。


悔いを残さず、最後の最後に、あ〜、生まれてきて良かったと心から思える人生であったと


したら、この上ないことではなかろうか。


空手の辛い稽古を通じて、子供達にも、そんなことを伝えられたらと思っている。


コメントをどうぞ