受験とは


人は目標に向かって意欲的に行動してる時が一番幸せなのではなかろうか。


ところが受験などで実際にそう考えている人が少ないのは意外です。


受験したくても受けることが出来ない人も居るというのに、お母さんが言うから受ける


といい、友達が受けると言うから、一人だけ取り残されるのが嫌で受けるという。


なんとも情けない。 受験とは目指す学校に入ると言う事に取り組む過程で、1つの目標を


達成するための考え方や、日々取り組む姿勢や態度が培われ、今まで知らなかった自分の本当の


能力に驚き、人間の能力の偉大さを知る事にある。 その事が何となくわかってくれば合格


は向こうからあなたのドアを叩いてくる。またそればかりでなく将来に向かって大変大きな


利益が生まれてくるものです。それは実は受験に取り組むのも社会に出て取り組むのも目標を


立てて1つのことを成し遂げるのは同じことであって、「一時が万事」なのです。


その事を空手の稽古の最後の講話の中で子供達に伝えて行こうと思う。


コメントをどうぞ