護身術


「力なき正義は無能なり。正義なき力は暴力なり。」 これは昔から極真空手が戒めに用いる言葉です。エスカレーターで


ぶつかったから刃物で刺すとは、まるでアメリカのような話。しかし、ここは「治安が世界一」と言われる日本です。


持っていた刃物を使うほどの事ではなかったと誰もが思うでしょうし、刃物を持つこと自体、日本では銃刀法違反ですから


即刻、お縄頂戴となります。 今や日本は喧嘩両成敗。手を出した方がお縄です。しかし我々が空手を教えているのは


喧嘩に勝つためではありません。日本古来の武道空手を普及させること。礼節を重んじ、人の為に尽くせる人材を育成する


ことにあります。また世知辛い世の中になった以上、自分の身は自分で守れるように護身術くらいは知っておいた方がいい


に決まってます。 特に女性、シニアの方、子供達など弱者の側に立って、如何にすれば人間は倒れるのかを説明し実践


することも必要かもしれません。相手が刃物を持っている場合、羽交い絞めにされた場合、胸倉を掴れた場合、などを想定し


、その一瞬にどうすればいいのかなど体験し実践しなければ いざ鎌倉という時に、震えるだけで何も出来ずに終わるでしょう。 


という訳で、来週6月2日土曜に護身術をお伝えする催しを無料で行なうことにした次第なのです。 


コメントをどうぞ