災害が起こると寄付が集まる。


そして有名人が100万円を寄付したとニュースが取り上げる。


満面の笑みで「被災された方のためになれば」と


鼻持ちならない見せ掛けの人が言っていた。


果たして本当の心はどこにあるのかな?


テレビが追いかけて来なくてもそう言ったのかな?


毎年10億円も儲けている人にとって100万円はどれほどのものなの?


100万円の寄付と聞けばニュースや雑誌が取り上げてくれるよね。


年収が3000円ほどしかない国の人が1000円を寄付するのとは違う。


被災地に物を送ることが絆ですって?


絆は自分の便利や安全保障の意味から結ぶものじゃない。


最後に自分に何かしらの見返りがあるから結ぶものでもない。


それでも絆を結ぶと言うなら。


その人の不幸の人生を、悪い運命のすべてを引き受けねば。


そうでなければ嘘になる。


雨の日も、風の日も


夏の暑い日も、そして凍える冬の夜でも。


その人の運命の全てを受け入れねばならない。


たとえ貧しい娼婦になり下がったとしても


そしてたとえ少額のコインであろうとも


生活費を削り身銭を切って


募金箱に投げ入れたものは


それが本物の絆ではなかろうか。


よもや、その時々の都合で相手を見捨てる生き方や


人としての証を捨て去る生き方などしてなるものか。


コメントをどうぞ