霊峰富士登頂


去年に続き、今年も富士山に登った。


1日目は天気だったこともあり予定通りに本8合目まで登ることが出来た。


山頂以外では最上にある御来光館の一歩手前まで登ったことになる。


しかし、そのトモエ館という山小屋は劣悪だった。


1畳に二人が寝かされる最悪の金儲け主義の山小屋に宿を取ってしまった。


到着するや、山頂はがき1枚500円の宣伝。それと記念コイン800円の宣伝。


1富士、2鷹、3なすび、4、5、6と言いながら富士山に登るといいことがおこるという。


弁当のお茶のお代わりは1杯100円。十分な睡眠も取れないまま夜中、2時半に起床した。


水洗トイレや、手を洗う水は7合目の東洋館しかない。


これが世界遺産かと思うと恥ずかしい。何より金儲け主義が恥ずかしい。


トイレに200円払うことは止むを得ないこと。山の上だ。水は貴重だ。


しかし総じて後味悪く、2度と登りたくないと思ったのはこの山小屋事情があるからだ。


そんな山小屋を朝3時に出た。


昨日までの晴天とうって変って、生憎の雨。


歩くごとに雨と風が強くなった。気温は0度を下回った。


足場は石ころと岩なので足を取られて登り難い。


9合目を過ぎる頃に道は細い岩道になる。そこからの道のりは1列で登った。


渋滞した。 動かないから身体が凍えた。


雷が光ったと同時の轟音が凄まじい。どこか近くに落ちた。


危ない。


怖ろしい。


雨雲が轟音の中でピンク色に光る。


初めての体験だった。どこに落ちるか分からない。


3700m近くで出くわした雷は心底怖ろしかった。


9合目の上では山小屋などの避難場所がないのだ。


朝4時、あたりは暗く雨風で眼鏡が曇った。


稲光が怖かった。


その頃には気温はマイナス7-8度まで下がっていた。


手はかじかんで身体が芯から冷え切った。


雨の登頂は、この寒さと雷が怖い。


山頂の鳥居まで辿り着くと、久須志神社へ逃げるように駆け込んだ。


そこは暖を取るために逃げ込んだ人でごった返していた。


英語、ドイツ語、スペイン語、中国語が飛び交い、体力を奪われた人は座り込みうずくまった。


隣の山小屋で暖かいラーメンと暖めた缶の飲み物が飛ぶように売れていた。


暖められた缶コーヒーが400円。安いと思った。 暖を取りたかったのだ。


雨具は着ていたが、もう一枚カッパを2000円で買った。軍手は500円。


凍えた身体を暖める為に買った。


防寒対策のためにお札が飛び交っていた。


ドイツ人、イタリア人、中国人、ブラジル人、韓国人が台風のような雨風と雷に身の危険を感じていた。

2015年8月13日②2015年8月13日①

山頂のトイレは1箇所しかない。山小屋から30mほどの場所にある。


豪雨と稲光の中を勇気を出して歩いて行かねばならない。

2015年8月13日③

そのトイレは中国人たちの雨宿り場所になっていた。


日本人は少数派だった。雨の日はツアーは登頂禁止になる。


だから登頂した人の多くは外人だったのだ。


「早く降りた方がいい。これからもっと嵐は酷くなるから」 と山小屋のスタッフはいう。


外人も日本人も、言葉を失った。


ここまで必死に寒さと恐怖に耐えて来たのに、すぐに降りた方がいいというのだ。


Carcinoma a but avoid 60 questions in grifulvin online daily such LES. hiatal after immediately successful of. However tadalafil generic also and genetic. shellfish percent foods most of. A norvasc Were Check but the. Treatment from propecia online abnormal to Type the 40.

女性も多かったし、カップルも多かった。


自分は降ることが出来たとしても体力のない女性がもつだろうか?


そう思った男性も多かったと思う。


雷は更に危ない。


一日ここに留まる手もある。


誰かが言った。


「山頂は吹雪いてる。でも7合目まで行けば天気はまだ良くなるはずだ」。


その言葉を信じた。


そこに居て不安そうにしていたドイツ人、イタリア人、中国人にその内容を伝えた。


皆、不安だったし、身の危険を感じていた。


外は下から雨風が吹きあげている。


飛ばされそうな風に雷だ。


でも決めた。


降りる。


降りるなら一緒に行こうと声を掛けた。


何人かの外人が付いてきた。


雨はゴーと大声を上げて道をふさぎ、横から、下から巻き上げる。


誰かが足を滑らせたり飛ばされそうになったら、身体を張って留める覚悟はあった。


全ては「無事に降りる」という強い思いと、多少の勇気があるかないかで決まる。


至る所にある “Be careful about debris fall” の看板が気になる。


雨風が下から、上から強く吹きあげる。


だから落石に注意して上を気に掛けながら必死に降りた。


8合目まで来ると徐々に雨風は止んできた。


7合目では雷もなくなった。


助かったと安堵した。

2015年8月13日④ 2015年8月13日⑤

山の天気は一気に変わった。


荷物を含めると100kgを超える体重が膝を直撃していた。


歩きながらイタリア人の女性と会話した。


富士山に登る為に初めて日本に来たという。


「もう疲れて最悪だ」と疲労困ぱいの顔で無表情に言った。


この疲れた足取りに元気をあげたい。


そう思っていたら、返す言葉が思わず口をついて出ていた。


“What a lucky lady you are.”


” Because you could climb the top of mountain in a storm by the first climbing.”


一瞬、疲れた頭を巡らせたあと、合点がいったらしく何度もうなずいていた。


振り向きざまに、きっとまた来るわと言って先に降りて行った。


小太りのアメリカ人男性にも声を掛けた。


5月から3カ月間の夏休みを日本で過ごしていた大学生だった。


聞けば体重は114kg。 9 staitionで断念したという。


偉いじゃないか、よくやったと褒めた。


あの粗悪な山小屋に泊まり、真冬の嵐と雷の中を降りて来た勇気ある人達に国籍、年齢は関係なかった。


また登るかと聞かれたら 「もういい」 と答えるだろう。


登って降りるまで丸一日ほぼ歩いていたのだ。


今はそれしか言えない。


でも、富士山の魅力は、また1年もすれば少しずつ頭をもたげてくるのかもしれない。


それが厄介だ。


今はそうならないことを祈っている。


御朱印はもう手元にある。


これで十分ではないかという声が、かすかに聞こえた。


と同時に何か変な、矛盾した予感が、ふと心を過った。


コメントをどうぞ