中学受験


受験で一番厳しいのは中学受験ではないでしょうか。 まだ大人になり切っていない子供が夜9時


過ぎまで弁当持参で塾通い。 親はその送り迎え。 我が家もそうやって来ました。 家に帰って


休む間もなくお風呂と勉強。 寝るのは24時~25時。 中学受験前の9月ころから1月末ころまで


こういう生活を続けます。 全ては2月1日に焦点を合わせての事。 東京の名だたる中学の試験日


は2月1日から始まるのです。 体調管理もこの日に合わせて逆算します。 東京の御三家は


狭き門。 御三家以外も大変難しくなってきています。 上位の有名大学を目指すには、公立中学


では困難だと気付かれたご家庭が増えているのでしょう。 公立の中学に対しあまり多くを期待できなく


なって来ているのかもしれません。 我が家も小学4年からNのマークの有名進学塾に通わせました。 


ここを選んだのは先生方の熱意、姿勢でした。 もう15年も前のことです。


家内が塾の送り迎え。 私は試験日の朝に子供を車に乗せて会場まで送り届けるのです。


中高一貫の男子校に入れたので高校受験はなく、その後は大学受験。 大学受験でもやはり


子供を車にのせて会場まで行ったものです。 車は子供の仮眠場所になっていました。


先週の土曜から始まった有名どころの中学受験も第2コーナーを曲がったあたり。 


我が家の子供達はもう大学生。受験は終わっているのに、このシーズンは悲壮感が甦ります。


中学受験は母親も一心同体。 大変です。 合格すれば一家がバラ色。 掲示板に番号が


見当たらないと分かった瞬間、あたりの色彩は消え失せ、白黒の写真に早変わり。


だから大変なのです。 消沈した母親達が校門から駅に向かう道に溢れます。 


涙、涙の親子が道に溢れ、お世話になった塾に報告に行っては、また涙に暮れています。 


毎年繰り返される光景です。 


そんな親子を励ましたい。 元気に上を向いて欲しい。


そんな思いがついつい込み上げてきてしまいます。 


体力と気力の勝負に小さな子供達が挑んでくるのですから。


今日もそんな気持ちで書いています。 


「元気を出しなさい。今日の失敗でなく、明日の成功について考えよう。」 

 

「自分はこの程度の人間だと思った瞬間にそれ以上の人間にはなれなくなるんだよ。」 

 

「もう前に進まないでいいと思った途端後退が始まるんだ。」 

 

「一心不乱の努力の前に道はきっと開けるから。 それを信じてみよう。」

 

「顔をいつも太陽に向けていれば影なんて踏んで生きることはないんだよ。」

 

「うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。世の中を真っ正面から見つめるんだ。」

 

「君はどっちを選ぶんだい。勇気を持って挑んでいくか、棒にふるか。人生、このどちらかだよ。」

 

君に届くだろうか、この想い。


コメントをどうぞ