型がうまい人が少なくなった。 寸止め空手と言われる松濤館、剛柔流、糸東流、和道流などを修練されてる


方はうまい人が多い。毎日毎日型ばかりをされてるためであろう。 極真では出くわさない型もある。


綺麗で、スピードがある。但し、蹴りはうまくない。 やはり蹴りは極真に一日の長があるようだ。中足で蹴る


スタイルは寸止めの特徴なので膝が廻って来ない分、強さに欠ける。極真では中足でも背足でも、カカトでも蹴る。


蹴りのバリエーションは格段に違う。 これは剛柔流でやってきた自分が身を以て感じたことだ。 だから極真の


人は接近戦でも頭やアゴを狙って蹴ってくる。 これは剛柔流ではなかったので初めのうちは驚いた。


今、思う事は部位を鍛える事よりも、自分のパンチや蹴りの出し方(効かせ方) が大事だと思う。


相手を倒すことは容易ではない。しかし人のパンチや蹴りが単位面積を小さくして、面に直角に入ると間違いなく


効いてしまう。  そのことを実現させるには型の基本が出来てないと難しい。 効かせる攻撃を身に付けるために


型の重要性を説いて行きたい。


極真で型が綺麗なのは大石師範、三和師範、岡本師範であろう。 他の道場の方々の型を見ても、さほど


美しいとは感じなかった。 美しい型は結果として強い組手を生む。 


そういう観点から移動も型も美しくなくてはならないのだろうと今もそう思っている。


コメントをどうぞ