語りづく


母と同じ1934年生まれの女性の方の記事を昨日、新聞の記事で見かけました。  こんな記事でした。  


心が震え、痛みました。


日ソ中立条約を一方的に破って1945年8月9日、ソ連軍が攻め込んできた。満州東部の国境近くの永安屯

に開拓移住していた長兄ら日本人は妻子を逃がすべく応戦した。しかし戦車隊に抗するすべはなく長兄は

流れ弾に当たり死亡した。残された長兄の妻は11歳を頭に5人の子を連れて他の日本人とともに避難した。

だが途中、渡河する際に「足手まといになる」と皆に強いられ、泣いている6歳、3歳、1歳の幼い息子3人を

無理やり振り切って、川に流してしまったのである。下の2人はすぐに姿が見えなくなった。6歳の長男だけは

泳いで岸辺の草にしがみつき「お母さん助けて、お母さん 助けて」 と幾度も叫びながら流されていったそうだ。

それを見捨てて行かざるを得なかった兄嫁の気持ちは・・・。 11歳と9歳の姉娘たちは・・・。

3人は物乞いをしながら瀋陽市まで来て、ついに兄嫁が力尽き、路上で病死した。残された姉妹はそれぞれ

中国人に引き取られた。だが、11歳の長女は、ひもじさと酷使に耐えかねて逃げ出し、他の日本人集団に

紛れて翌年10月26日、栄養失調から骨と皮だけの姿になってひとり帰国した。 その長女カヅ子は山形県

寒河江市の生家にたどり着き、これらのことを私たち親族に話して2カ月経たづして亡くなった。次女ユキ子

を、私は残留孤児届を出して探しているが消息は不明だ。  (東京国分寺市 畑 眞吉  84歳)


畑 カヅ子さんが生きていれば79歳。 母と同じ年。 今の年配の方々がどれほど苦労されて活きて来たのか


あらためて知りました。 5歳、3歳、1歳の子供が川に流され捨てられた母親の気持ちは計り知れません。


土日に会う子供達と同じ年の頃。  心が凍りつくような話でした。  きっと母もいろんな経験をしてきたに


違いない。  また今日、電話してみよう。      声を聞くだけでもいい。


コメントをどうぞ