正座


ようやく正座が出来るようになりました。かれこれ1カ月。 しかしまだ内ももに内出血があります。 青帯の女性の膝蹴り


と内ももへのローキックです。 男性陣で体重のある方々と激しいスパーリングをやっても全く問題なし、なのに何故?


その方の叔父さんは山口で芦原会館の道場を持っておられる先生。 弟さんは先日の山口の芦原会館の大会で優勝。 


で、その方は以前、芦原会館で6年稽古して黄色帯だったとのこと。 私もフルコンタクトをやり始めたのは京都の


極真会館芦原道場でした。 若き日の芦原先生に道着の背中に大きな「芦原英幸」というサインをしてもらって稽古に


励んでいました。 芦原道場の人は膝、肘、禁じ手が得意。芦原先生は特に肘打ちが早かった。二宮先輩も中山先輩も。


なんだ空手一家の人だったのか、ならば強いはず。というか当て方を知ってる。 がむしゃらに当てるのではなく当たると


痛いという当て方になっている。 あとは男性陣があまり、この方を怖がらずにミット稽古やスパーリングをやってもらいたい


ものです。 少々怪我をしても余裕を見せてもらいたいです。男性が女性に必死になる姿はあまり見たくないので。


コメントをどうぞ