未来への旅


タイムマシーンは現実のものになる時には私はこの世にいないでしょう。 しかし理論上は既に可能になっている


ようです。光の速度は秒速30万キロ。そして現在の宇宙ロケットは秒速24万キロ。あと少し早くなれば未来を


見ることが出来るというのが今の物理学で証明されています。アインシュタインが1916年に発表した一般相対性


理論がもたらした成果は大きく、夢が現実に繋がるものだと東大名誉教授で宇宙物理学者の佐藤勝彦先生は


様々な本でわかりやすくして説明しています。 「動いてるものの時間は遅れる」、「時間と空間は縮む」、原爆の


理論を作った「ε=m x c²」 など。 なかでも面白いのは「動いてるものの時間は遅れる」という理論からタイム


トラベルが見えて来たということです。 その一般相対性理論を応用した説明はこういうものです。


高速で移動すれば時間は遅れる。たとえば光の速さの99%のスピードで飛ぶ超高速宇宙ロケットに乗り込んで


宇宙を10年間旅して地球に戻って来たとします。この時、地球は70年経過していることになるのです。ジェット機


だとわずか1000万分の1秒なので微量で分かりにくいのです。しかし、これもまぎれもなく1000万分の1秒


遅れているのです。 過去へのタイムトラベルも可能なようですが物理学では理論が分かれ、明確になっていま


せん。母殺しのパラドックスが説明できないのです。過去に遡って自分の母を殺してしまったら自分は消えるのかが


論理的に説明できないのです。 しかし、アインシュタインの理論が発表された1916年から約100年が経とうとして


いますが、この百年で原爆を作り、またタイムマシーンの可能性を明確に出来た人類の可能性はやはり凄いものだと


思います。見えないものを現実のものにするのですから。 この先、加速度的に相対性理論と量子論が確立され、


新たな物理学が生まれてくることを願ってやみません。 アインシュタインは9歳ころまで、ろくに会話が出来な


かった変わった子供だったようです。暗記や集団行動が苦手。大学受験失敗。大学では中の上。但し、本人が言う


には「唯一才能があったとすればラバのような強情さで自分の興味のあることに情熱を注ぎ、没頭する姿勢を崩さな


かったことだ」と。 天才も実は普通の人だったようですが、やはり多芸でなく一つのことをやり続けることが潜在能力


に灯を燈すのでしょう。 しかし、私はアインシュタインが自分を表する際に表現したラバとは一体どんな動物なのか

 

良く知りませんでした。 調べてみると雄のロバと雌のウマの交雑種の家畜。そして体が丈夫で粗食に強く、役力も

 

あるので経済的な家畜。気性は大人しく、臆病な動物とあります。つまり、こういう人間が偉大なことを成し遂げる

 

土壌があるということなのでしょう。今まで動物園でラバを観ても気にもかけずにいましたが、いつの日か動物園に

 

行く機会があったら、その檻の前でアインシュタインが何故自分をラバだと言ったのかをジッと観察してみようと

 

思っています。 ところであなたは自分自身をたとえると一体どんな動物でしょうか? ラバ?馬?サル? 

 

私は「マグロ」。 熱帯、温帯海域に広く生息し、泳ぎを止めると窒息するため、たとえ睡眠時でも停まらず

 

動いている生き物です。そして適度な脂肪もありますので。


コメントをどうぞ