空手会の発展のために


代々木第一体育館での新極真全日本は初めてだと思います。今までは千駄ヶ谷の東京体育館が改修工事中だからなの


でしょう。しかし、毎回 新極真の全日本の全体の演出と子供の演武は、他の極真系団体の大会よりも頭一つ抜けている感


があります。また、今までは塚本先生の試合が、常に1本勝ちを狙う空手の醍醐味を味わうことができたので、技、スピード、


パワーから見ても他の極真団体よりも新極真は頭二つリードしていたというのが率直な自身の感想です。 私は毎年、


秋~冬にかけて行われる極真系の全日本大会には顔を出し、自分の空手センスを磨いたり、マンネリ化を感じる稽古


の中で刺激をもらったりしながら、自分の空手にかける意識レベルで維持するようにもってきていました。誰に指示された


からでもなく、大阪での体重別全日本にも必ずと言っていいほど通ったものです。

2012年10月28日新極真大会2 2012年10月28日新極真大会5 2012年10月28日新極真大会1

今回は一緒に観戦したご家族は大人、子供合わせて28名、その他会場でお会い出来ませんでしたが2家族の方が


来ておられたはずですので、たぶん33名の方々と観戦させて頂いた訳です。この巡り合わせに本当に感謝の気持ちで


いっぱいです。夏のバーベキューといい、こういう機会は大切にしたいと思います。また今後、お母様達からの声で何かが


出来ればといつも思います。 さて、肝心な試合内容ですが、2日目に残った方々の試合ということもあり、1日目よりKO


シーンは少ないだろうと予測はしていましたが判定での試合決着ばかりに多少、面白みに欠けました。世界大会では、


こういう展開は少なくKO決着必死、空手の醍醐味がギュウギュウ詰めなので、あと3年待たないとならないかもしれません。


それと、やはり塚本先生が凄かったということでしょうか? 日本人同士だと相手を知り尽くしてるからなのか、見ていて


ハラハラ感が少ないのです。やはり、極真空手は1本勝ちにこだわる空手でないとだめです。 そういう点から言うと去年


の世界大会の塚本先生の技・スピードは他を圧倒していたという事なのかも知れません。 もう当分、塚本先生のような


逸材はでないだろうと去年の大会を見た時に思ったものです。 今年の選手達はスピードは落ちてはいないものの、


ず抜けた技は見ることが出来ず残念な気がしました。ここに白蓮の内藤、北島選手が何故出て来ないのか? 


何故連合会に甘んじるのか? 疑問でなりません。 主戦場はやはり技の最高峰で争ってもらって初めて日本一というもの。


今まで白蓮のトップ3は毎年新極真の体重別には参加すれども、3回戦に行くことすら出来なかった現実があります。


しかし、それでもトップレベルで戦って欲しいものです。また松井派の選手と新極真の選手もどこかで手合わせする場が


欲しいと思います。本当の日本一というには、分裂団体ごとに全日本大会としても真に一番かどうかはわかりません。


油の乗ってる時に、一同に会して雌雄を決する場を作らねばならないでしょう。緑代表と松井館長が同じ席につくことが


空手会発展の礎を築くことになるに違いありません。多くの空手ファンのためにも、そうあるべきです。そこで浜井派が


担うことがあるなら積極的に空手会全体の発展のために尽くさねばならないと強く思います。


今日の子供たちの素晴らしい演武を観て、そう思いました。


コメントをどうぞ