糸魚川の火災


まるで爆弾が落ちた跡のようだった。


約22年前の神戸市長田区の焼け落ちた跡を私は歩いていた。


阪神大震災も寒い日だった。


そんな爆弾が落ちた跡のような映像を昨日、ニュースで観て驚いた。

image

72歳の店主が鍋を空焚きしたことで東京ドーム1つ分の街が焼け出されてしまった。

imageimage

暮れも差し迫った12月22日。寒さのなか363世帯、774人の方が避難した。


着の身着のままの生活が年の瀬に訪れるとは。


募金がどの程度役に立つか分からない。


でも新潟に、そして糸魚川に募金せずにはいれなくなった。


前日の12月21日は冬至。


冬至は過去をリセットして未来に受けて歩き出す日のはず。


こんなリセットなんてあるもんか。


こんなクリスマスなんてあるもんか。


でも、、、。


人はどんな困難を抱えていても幸せに生きて行く事が出来る。


そう信じて生きて行こう。


コメントをどうぞ