医学部生の親


さあ、受験シーズンがインフルエンザとともにやってきたのでまた書こうと思う。


医学部を狙うなら中高一貫がいい。


要は中学受験から始めたら何とかなるのだ。


高校を観るとする。


男子高なら開成、海城、東京学芸大附、巣鴨、駒東、筑大駒、暁星、麻布。


女子校は豊島岡女子、桜蔭。


共学なら渋谷教育学園幕張、東京学芸大附、日比谷。


国公立の医学部なら6年間で350万円、私立なら平均3500万円。


私立に入学出来たとしたら奨学金を1100万円まで借りたらいい。


世の中、何とかなるように出来ている。


国立の医学部。医師国家試験合格率が高いのは


1位:千葉大、2位:佐賀大、3位:浜松医科大、4位:東北大、5位:山形大。


東大医学部は国公立・私立を合わせた全体で63位とかなり低い。


大学入試では狭き門。そんなエリートも6年も遊べばただの人なのだ。


そして千葉大医学部。


いろんな事で話題となった。


婦女暴行で逮捕される学生がいる大学が実は医師国家試験合格率NO1。


腕が良くても、そんな医者に診てもらいたくはない。


それが本音だ。


私立の国試上位常連組は、自治医大、順天堂大、慈恵医大、日大、東邦大。


帝京、杏林、東海、獨協、聖マリアンナは毎年国試合格率ワースト10に入る大学。


帝京、東海、杏林の3大学は卒業試験で10名以上も落第させているにも関わらず


毎年、合格率はワースト10に入る。


親にとって私立の医学部留年、国試浪人は枯渇問題だ。


毎年約500万円を現金で納めるのに、もう1回払って下さいと言われる。


そうやすやすと出せる額でもない。


買う服や高価な化粧品やバッグを我慢して、子のためにベンツを即金で買う。


そんな暮らしを6年間も続けられるだろうか。


想像しただけで嫌になる。


しかし世の中、何とかなるように出来ている。


未来が観えて来たら何とかなるに決まってる。


コメントをどうぞ