夏を楽しめ


夏は読書に限る。


毎年、夏になると新潮文庫の単行本のオビが思いだされる。


緒形拳が川の中に入って単行本を読んでいる写真だ。


確か「拳骨で読め」と書いていた。


毎日毎日、朝から晩まで図書館に入り浸って本を読んで居たい。


雨の降る日は紅葉の葉が雨露に揺れる中で本を読んで居たい。


私にとって読書タイムは至福の時なのだ。


そういえば空手クラブの子供達はもう夏休みに入っているらしい。


楽しめ、夏を楽しめ。


そしてその後は勉強に集中。


インディージョーンズのような探検にのめり込んだら


静かに机に向かって時を過ごそう。


そんな生き生きとした夏がようやく始まった。


コメントをどうぞ