未来を変える


2リットルのペットボトルのお茶をコップに注ごうとすると、注ぎ方が悪いのか


勢い良く注ぎ過ぎるのか、よくテーブルの上にはねる。


しかも、毎回違った放物線を描いてはねる。


人生そのものだ。


予期してない方向にはねる。


しかし、これはその内容物の粘度、その時の温度と湿度、そして角度と注ぐ速さによって


予測出来るし、寸分の誤差もなく再現出来るものだ。


全く人生そのものだと思う。


子供が政治家になったり、学者や医者になるのは


そのようになるようになっていたという事。


ノイローゼになる人も、交通事故に遭う人も、リストラに遭う人も。


そうなるように生きてきた事になる。


とすると、子供達をどう育てればいいかは明確だ。


ミクロの世界で、そのように仕向けるだけの事。


「きっかけ」は偶然ではないと分かればいい。


細菌やウィルスがミクロの世界で増殖するように


人が出くわす偶然は緻密に計算された中にある。


子供の将来は親のあり方とその環境で既に決まっている。


そして、その子供の未来を変える事は用意だ。


ミクロの世界を変えるだけで、叶わないものわない。


ペットボトルのお茶をこぼしながら、いつもそう確信して居る。


コメントをどうぞ