魔法のランプ


電車の中で女子高生達が喋っていた。


「うちらさ、頑張るって似合わなくねえ?」


「つ〜うかさ〜、うぜ〜んだよ、そうゆ〜の」


よく見ると都内の有名校の制服だ。


目を閉じて言葉だけ聞いていると茶髪・ミニスカ姿に思えた。


努力とか忍耐という言葉は今の時代には合わないのかもしれない。


「本当にそうかな? 君達」、と聞いてみようかと思った。


人並みか、人並み以上に楽をして生きてみたいのだろうか。


お金持ちの旦那さんと結婚して人生をワープするんだと思っているのだろうか。


高校生が夢に生きるのも無理はない。


しかし人並みなことをしていたら、これから先、人並み以下の生活をすることになる。


それでもいいというなら、それは自由だ。


但し、その後の運命に不平を言ってはならない。


努力はしないし、忍耐は嫌いという人生を送って来たなら、それだけの結果しかもらえない。


それが今の日本だ。


そういう意味では日本は公平に出来上がっている。


神様がそうしてるのか分からない。


でも明暗の暗の部分があるから人は成長している。


苦痛に耐えて、屈辱に歯を食いしばってこそ次のお宝に出くわすものだ。


泥棒や詐欺師、犯罪を犯す人には、ある意味才能のある人もいる。


また学歴のある人もいる。


でも共通して、この「忍耐」という言葉には縁がない。


縁がないから何事も長続きがしない。


農家で作物を作っても、ビルや道路を作っても、漫画を描いても


すべては忍耐や努力がないと続かないのだ。


だから「忍耐」さえあれば何とかなる。


この忍耐は心の中にあるものだから一旦手に入れたら盗まれるものでもない。


子供達に伝えてあげねば。


そんなアラジンの「魔法のランプ」は欲しくないかと。


コメントをどうぞ