オーロラ


自転車の遅乗りほど難しいものはない。 


早くこがないと倒れてしまうのに、それを遅く乗る。


相当の技術と力が必要だろうと察しがつく。 


坂道に差し掛かったら、尚の事、技量が必要だ。 


自転車でなくとも山道で調子に乗って駆け降りてしまうと、止まることは殊更難しい。


終いには膝が悲鳴をあげて、杖がないと歩けなくなってしまう。 


だからスピードを上げる力よりも、ブレーキを掛ける力を備えたい。


何事も上級者と初心者の間には「急」と「緩」の差がある。


方や、何事もせわしなく、あわただしく、騒々しい。 


体勢は不安定な中にあって心が定まっていない。


もう一方はゆったりとした姿勢から次の一手、二手が素早い。


素早く動く、そして急に止まる。 


それが難しい。


緩急の「急」は身に付きやすく、「緩」は得がたい。


せわしない人は、ある意味、ある部分で才能があるのかもしれない。


行動的で、頭の回転も速い方なのだろう。 


それゆえ、えてして頭角を現すのも早かろう。


しかし、こういう人は何かの拍子に大きくつまづきやすくモロイ。


何でもかんでも人と争って、いつも先頭に立とうとする人に長丁場人生はきつい。


ヨーイ・ドンで飛び出る駄馬は、いずれ息切れを起こして先手失速となる。


人生のマラソンはまだ続く。 


先手失速でもチャンスはある。


駄馬だと言われても、あきらめるにはまだ早い。


浅い川はせわしなく流れ、 深い河はゆったりと流れる。


ならば、あえてゆったりと自然に身を任せてみるがいい。


北の国に行けばオーロラは8月から見える。 


そこに言葉は必要ない。

web_ImageView3

シャッターチャンスはすでに創られている。

4448508091_87c16c32a8_z

あくせくは似合わない。


そこにすべてがあって、あなたはそこに生きてる。


コメントをどうぞ