幸せの基準


人は条件で幸せになれるほど、簡単な代物ではない。


お金があって、いい学校を出て、容姿はもちろん悪くない。


しかし、人間は、そんな条件だけで幸福な日々を送れる訳ではない。


でも、それが大事だと人は言う。 お金がないから喧嘩するんだ。と。


果たして本当にそうだろうか?


お金があっても、卒業した学校が良くても、そして見た目がカッコ良くても


あなたを大事に思ってくれている人かどうかは分からない。


人は誰しも幸せになりたいと願っている。


お金がある人もない人も。


そして自分の幸せだけを願っている。


親兄弟が自分をかけがえのない人だと思っているように


自分が嫌いなその人にも、その人をかけがえのない人だと思う親兄弟がいる。


その人を愛して、その人の幸せを願っている人たちがいる。


人の性格は千差万別。 顔も姿もおなじ人などこの世には存在しない。


71億分の一の存在だ。だからその存在自体が尊く愛おしい。


この71億人の人は、人と関わって生きてこそ、一人一人の幸福感は増す。


しかしそれも歳を取るに従い、人との関わりも減り孤独の中に生きるようになる。


まだ間に合う。幸せは逃げやしない。


いったいこれから世の中はどうなるのだろう。


自分はこのままでいいのだろうか?


そんな時代だからこそ、今日一日を精一杯頑張った自分を労ってほしい。


よく頑張ったじゃないか。 失敗しても大したことじゃない。


いったい、何を欲張って生きているの?


コメントをどうぞ