情けは人の為ならず


他人には情けをかけるべきではないのだろうか?


先日テレビを観ていて、ふと、その言葉が頭を過った。


元ジャイアンツの清原さんが中居正広さんの番組に出ていたからだ。


昨年来、多くの人が清原さんから距離を置いていただけに


どうしたことかと番組に目を留めた。


麻薬、ドラッグの噂は芸能界でも、ご法度なのだろう。


http://todiadiyatmo.com/kqd/dating-profile-writing-service-reviews/dating services tulsa okdating a bipolar alcoholic

潮が引くように人が去っていくのも当然だ。


清原さんからの電話を着信拒否にした人もいたらしい。


関わり合いになりたくはなかったのだろう。


しかし中居さん自身は、熱烈なジャイアンツファン。


そのことがそうさせたのか、それ以外に何かがあってのことかは分からない。


でもみんなが手を引いた清原さんとの距離を遠ざけなかった。


中居さんは大阪の森脇健児さんの時も、復活の目を創ってあげていたように記憶している。


以前、ナニワ金融道の灰原 達之さんを観ていて思った事がある。


天国と地獄は紙一重。 たった情けの差ほどしかないのだと。


情けは人の為ならず。


その意味が分からなければ帝國金融の社長にでも、その訳を聞くしかない。


自分の身に戻ってくると計算などしてもいけない。


いずれ回りまわって戻って来るのは情けだけではないのだから。


コメントをどうぞ