患者を生きる


懐かしい方のお名前を2月25日の紙面で見かけた。 クイズダービーのあの人だ。 懐かしいじゃないか。


そんな軽い気持ちしかなかった。 しかし読んで行くにつれ、目が離せなくなった自分がいた。


80歳を迎え重い病を抱えていても、心は折れていない人。 そんな強い人だったんだと


しみじみ感じ入る自分がいた。 


たまにひょうきんなことを言ったり、「ゆかい、ゆかい」と頭がいいのか、わるいのか何だか


わからない変わった先生がいるもんだなどと昔は見ていた。 その方が当時、前妻を


交通事故で亡くし、ご長男も部活の合宿で失くされていたとは。 まったく思いもよらなかった。 


その方の連載記事が3月2日まで続くという。 全6回らしい。 今、重い病の中書かれた


「患者を生きる」を最後まで読んでみたい。そんな思いでいる。 そしてその方の生きざまを


感じてみたい。  日曜までの連載か。 あと少しなんだ。 心待ちにする連載や小説は


あっけなく終わってしまう。 これがいつも寂しい。 雑多な文字の氾濫。スマホの表面的な


記事の羅列では心が疼かない。 ましてや今日の自分を大切に生きようなんて思いを馳せる


ものなどには出くわすことは稀だ。 


心が欲すると何事も疲れやしないんだから。 そう思いながら、そんな文字を目で追っている。 


この教授の生き方に刺激を受けた我は、今をしっかり活きてみようと思うばかりなり。


コメントをどうぞ