日々本番


1万パーセント以上の思いでその日のために準備してきた人。 その人を1万パーセント%以上の思いで


勝たせてあげたいと思うサポーターを一人でも多く抱えている人。  消しゴムが使えない一発勝負に


精神的に耐えられる人。  出される課題1ページ1ページにストーリーを仕上げられる人。  100点満点


のための準備では終わらず、テスト範囲以上の事を学びいつでも全ての課題にどんな角度からでも答え


られる準備をしてきた人。  そして、そのテストを受けられることが心から楽しいと言える人。


オリンピックの晴れ舞台はそんな人たちの試験場だ。  番狂わせや、実力をそのまま出す人の実地試験場。


そんな今を生きる人たちの臨場感が堪らない。  本番に挑む顔がいい。 この先の自分を実感している


ような番狂わせ野郎の顔がいい。  今を活きるとはそういうことなんだろう。そんなことを考えながら我は


今日も活きている。  さあ、君もそんなワクワク感の中で一緒に生きてみないか?


コメントをどうぞ